FC2ブログ

2019-12

墓所の入口で

palmyra-tower

エラベルの塔とよばれる,2世紀初めに建てられたエラベル一家の墓.
その入り口で.
Palmyra/Syria(2008.2)
スポンサーサイト



● COMMENT FORM ●

パルミラって処は確か遺跡群が有った様な・・・???
しかし、お墓の前で多くの人はお墓参り???
シリアにもお彼岸って有るんでしょうかねぇ~・・・

こんにちは。遊びにまいりました。
2世紀に建てられたお墓とは、歴史の深さを感じます。これがお墓だというのも興味深いところです。
ピンク色が効いていますね。
鉄格子の奥のほうが気になります。

>我楽多さん
そうです.一つ前の駱駝は,パルミラの中でも特に有名な遺跡のところで撮ったものです.
しかし,この塔のある一帯も墓の谷とよばれる見所の一つのようです.
19世紀ほど過ぎて,今はここも観光地になってしまいました.入り口で座り込んでいるのはお土産ものを売りにきた人達です.

>akiyasu_sukiyasuさん
ようこそ,いらっしゃいませ.
今はもう中には棺など残っていないのですが,この建物はお墓のアパートみたいなもので,棺あるいは遺体を置く棚のようなスペースが左右の壁にあいています.
塔の中は.次のエントリで.


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tonikakuya.blog54.fc2.com/tb.php/175-69db7056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

光さす «  | BLOG TOP |  » 駱駝に乗って

プロフィール

利根

Author:利根
使用カメラ:Canon IXY400, DiMAGE Xt,SO906i → RICOH CX1 → iPad2, Cyber-shot W610, RICOH GXR+P10


コメント,リンクはご自由にどうぞ(スパムは削除します)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する