2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光さす

palmyra-tower2

塔の中.
かつての墓所に光がさす.
Palmyra/Syria(2008.2)
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

ん~此処に棺が置かれていたとしたら、あの窓は魂が黄泉の世界に旅立つ窓なんでしょうかねぇ~・・・

>我楽多さん
その表現素敵ですね.なるほど.
お墓と言うと,どちらかと密閉された空間を想像しますが,ここはそうではありませんでした.
生者が墓参に訪れる場所と考えると,こういう空間の方が良いのかもしれませんね.

映画のようです!綺麗~!

立っている人の背中が何かを語ってそうな。
窓から差し込んでいる光の玉のようなものがまた
幻想的ですね♪

そういえば日本では、
6月にインディージョーンズの新作が公開されます。
そのワンシーンかのようにも感じました。

>ゆうこさん
ありがとうございます.
インディー・ジョーンズもう6月公開なんですね.最後の聖戦のときには,ヨルダンのペトラでしたが,今度はどこが登場するのでしょう.楽しみです.


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tonikakuya.blog54.fc2.com/tb.php/176-123f9921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

軌跡 «  | BLOG TOP |  » 墓所の入口で

プロフィール

利根

Author:利根
使用カメラ:Canon IXY400, DiMAGE Xt,SO906i → RICOH CX1 → iPad2, Cyber-shot W610, RICOH GXR+P10


コメント,リンクはご自由にどうぞ(スパムは削除します)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。