FC2ブログ

2019-08

気球に乗って-6

baloon

どこかのうちの敷地内に不時着?無事目的地に着陸?
朝も早いのに,近所の子供たちが,見物にあらわれる.
Luxor/Egypt(2008.5)
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

うお!結構でかいゴンドラですねぇ~・・・
10人位は乗れるのかな???
でも気球を見ると、そんなに沢山の人を乗せるほど大きくは見えなかった・・・
暖かい所だから通常より大きめの気球が必要なはずだけど・・・
でも上手いランディングですねぇ~・・・
風に対して横になっているゴンドラが倒れていないし、ちゃんと空き地にランディングしている所を見ると相当ベテランのパイロットなのかも・・・

>我楽多さん
ゴンドラを平らなところに人手も借りて置き直し,気球を寝かせて,この気球は撤収準備中です.
これには24人乗れると聞きました.これより小さいのもあったのですが,それは6~8人乗りぐらいだったでしょうか.
ランディング上手いんですか…それほどの前触れも無く,いきなり,着陸態勢を取って,とか言われて降りたので,どうしても不時着したような気分でした.


気球は推進器も舵も無いので、高度で変わる風の向きを選んで進行方向を決めていきます・・・
着陸の時も強風だとゴンドラが着地すると同時にバルーンのリップを開いて一気に熱気を排出し、バルーンを風下に流します・・・
この時、風を受けたバルーンがゴンドラを倒したり引き摺りまわしたりする場合が多いんです・・・
強風と言っても5m/sec位ですので、人には軽風位にしか感じませんが・・・
画像ではバルーンの下にグランドシートが敷いてありますから、グランドシートを敷いてからバルーンを倒したのが判ります・・・
グランドシートが用意されている所を見ると予定の着地点だったと見るのが正解でしょう・・・
急に着陸すると言われたのは、現在高度の風が強くなったか風向きが変わった為、急遽下降せざるを得なかったんだろうと思いますが・・・
気球で着地点が数十メートル変わる事は良くある事です・・・

>我楽多さん
なるほど.その辺りの知識が無いので,なんでこんな着陸なの,と思っていました.ひとつ勉強になりました.
このときは,グランドシートや,力仕事要員がトラックに乗ってやってくるまで,着陸・パイロットの無線連絡後しばらく待っていました.バルーンがすこしずつ真上から傾いていくのを見ながら,子供に見られながら,いつまでこうしているのかと思っていました.



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tonikakuya.blog54.fc2.com/tb.php/189-c3e38ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

手をつないで «  | BLOG TOP |  » 気球に乗って-5

プロフィール

利根

Author:利根
使用カメラ:Canon IXY400, DiMAGE Xt,SO906i → RICOH CX1 → iPad2, Cyber-shot W610, RICOH GXR+P10


コメント,リンクはご自由にどうぞ(スパムは削除します)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する