FC2ブログ

2019-08

山の中の紫

yamafuji

山道を走っていると,この時期薄紫色の花に遭遇する.
山藤と桐.
どちらも同じ色だから,遠くから薄紫のかたまりをみつけると,下に垂れ下がっているからフジ,垂れ下がってないからキリ,と見当をつける.
小豆島/香川(2010.5)
スポンサーサイト



● COMMENT FORM ●

最近は桐の木も少なくなりましたねぇ~・・・
昔は女の子が生まれると屋敷に桐の木を植えて、嫁に行くときタンスにしたもんですが・・・
山に入って紫が見えると殆どが山藤ってことが多く成りました・・・

>我楽多さん
こちらの方では,山を走ってみる限り,まだ案外桐はあるような気がします.でも,私は花の咲いているこの時期ぐらいしか見分けがつかないんですけれど.
それよりも走っていて衝撃だったのは,大きな竿の鯉のぼりをみなくなったなあ,ということ.少々寂しいですね.

こんばんは!  長野で生まれ育ったので、桐の花はとても身近な存在だったのですが、今頃は、これ桐の花じゃないかなぁ、と思っても確信が持てない、忘れてしまっています。 情けない!
それにこちらの人は、日本人ほど花の名に詳しくないので知らない人が多く、尋ねられません。
でも、藤は別格、たくさん見かけますし、見ると嬉しい花です。

>shinkaiさん
こんばんは.
私も久しぶりに見るので,「えーと,これは桐でいいよね」と思いながら,おそるおそるでした.藤はさすがにすぐわかりますが,これはこれで近づくと蜂がいたりして,こわいですね.
尋ねられない,というのはわかる気がします.エジプトでも,動植物の名前に詳しくない人が多いので,私もあまり聞けませんでした.あの花もあの鳥も,アラビア語でなんて言うか聞いてみたかったというのがあります.


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tonikakuya.blog54.fc2.com/tb.php/276-a310e8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

砂浜へ続く道 «  | BLOG TOP |  » 春霞みつつ

プロフィール

利根

Author:利根
使用カメラ:Canon IXY400, DiMAGE Xt,SO906i → RICOH CX1 → iPad2, Cyber-shot W610, RICOH GXR+P10


コメント,リンクはご自由にどうぞ(スパムは削除します)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する