2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の中,木漏れ日の下

shodoshima house of shodoshima 2

木漏れ日の下,通り抜ける風のなかで一休みする.

「小豆島の家(House of Shodoshima)」
小豆島/香川(2010.8.19)
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

木陰と風を楽しむ家ですねぇ~・・・
でも雨が降るとびしょ濡れ!!!
床は丸竹を張ってあるので濡れると滑り易いから雨の日は入らない方が良いかも???
でも晴れると気持ちよさそう!!!
でも今年は暑すぎるかな???

>我楽多さん
暑い日に行きましたが,風が下から,横から通って気持ちよかったですよ.
一段上がったスペースには靴を脱いであがります.
秋にはどんな感じになるんでしょうね.寒いのかな?

こんばんは! 下までずっと拝見して来ました。 
瀬戸内の島での現代美術?! 好きなのもあり、(でもこれは利根さんの写真が好きという意味がだいぶあると思います)、そうでないのもあり・・!
「帰りどき」のピンク色の夕暮れ、日本でもこういう色の夕暮れがあるのですね、素敵です。 図書館に並べられた土の標本、とか「ハーモニカ」の包のあれこれ。 作品は好きですが、タイトルは好きではないですね。 作者の意図がまるで掴めませんね。 それと、「遠い記憶」は、これはきっと写真の方が素晴らしいだろうと思います。 光の入り具合、反射する感じ、など。 多分夜目遠目傘の内、というと言葉が悪いですが、陽の光の下よりも写真の方が数倍良く見えるのではないかと・・!
最後の作品の木漏れ日が漏れる様なお家の作品はすごく素敵だと思うのですが、この外観は好きでないです。 丸い形は好きなのですが、これは・・。  外に置く形というのは、そういう意味で難しいのでしょうけど、と思います。

でも、あれこれ見せて頂いて面白かったです。 有難うございます。 勝手な事を言いました。

>shinkaiさん
地方にアーティストやアート作品を呼ぶ,というのは最近よくおこなわれているようです.友人に指摘されたのですが,新潟でも「大地の芸術祭の里2010」http://www.echigo-tsumari.jp/というのをおこなっているようです.
作品は,自分の気に入るものもあり,気に入らないものもありです.撮影禁止なものもありましたし,気に入らなかったので撮らなかったのもありました.気に入っていても,イマイチうまく撮れなくって載せられないものもあります.豊島のTeshima senseなんかは本当は載せたかったんですけれど.

「帰りどき」の海の夕暮れ.あの色は見かけます.ほっとする色です.
ハーモニカは,私自身もピンときませんでしたが,お二方の意見を見ていると,タイトルがいまいちだったのかもしれないですね.あえて作品の中で一番小さな要素をタイトルに付けてしまったような気がします.
遠い記憶は,まだまだ色々撮り様がある作品だと思います.ここにあげたトンネル以外にも,室内もおもしろい.おそらく,絵になる部分が多い作品なんでしょう.他の人がどのような写真を撮ったのか気になります.
このエントリの「家」は,編まれたものなので出来上がった形に制限があるのかもしれません.私も中の雰囲気の方が好きです.私はこの家につながる細長い通路はそれほど好きではないんです.

見ていただけて,コメントもいただけて嬉しいです.ありがとうございます.


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tonikakuya.blog54.fc2.com/tb.php/312-d03320c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

網の外 «  | BLOG TOP |  » 誰の家

プロフィール

利根

Author:利根
使用カメラ:Canon IXY400, DiMAGE Xt,SO906i → RICOH CX1 → iPad2, Cyber-shot W610, RICOH GXR+P10


コメント,リンクはご自由にどうぞ(スパムは削除します)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。