2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひわいろと梅のかたち

umezabu


畳にちゃぶ台という生活.今回,座布団を新調しました.
梅の花に似せた小振りの梅座布という形で作ってもらう.
座ると,かちかちに中綿を入れているわけではないので,案外沈む感じがする.
一方で,やわらかい中綿が十分入っているから,とても暖かい.
(SO906iで撮影)

  * 京座布団こぐれ http://www.kogure.ne.jp/
   Platz http://www.jin.ne.jp/platz/
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

こんな座布団もあるんですねぇ~・・・
座り方も良く分かりませんが、少なくとも正座では使いにくそう・・・
胡座専用かな???
私の家では殆どが椅子ですので、暖かいスリッパか室内履きが欲しい!!!

>我楽多さん
お店によると,正座用・お昼寝枕用の座布団だそうです.私はあぐらが多いですけれど.かなり小振りな座布団で,正座のときにお尻を載せるのにちょうどよいぐらいです.

こんばんは! わぁ、始めて見ました、この形。 梅座布団というのですか?!
正座の時にお尻を乗せて、脚は両脇に?  可笑しいですね、でも脚がしびれないで良いかも。
それにしても、ひわ色にこの花柄、畳にちゃぶ台・・。 で、どの辺りでエジプトと繋がるのでしょうか??!!

>shinkaiさん
これは,お店オリジナルの形なのかなと思います.座り方は,shinkaiさんのおっしゃる通り「正座の時にお尻を乗せて、脚は両脇」です.足がしびれにくくはなると思います.
エジプトとは...つながらないですねえ.ゴシキヒワはエジプトにもいるみたいですけれど,見た記憶が無いですし...
強いていえば,椅子に座らず,床面に座る,っていうところでしょうか.向こうでは畳ではなく絨毯の上ですし,絨毯に直接座る事なく椅子生活の場合も多いですけれど.

こんばんは! 再度お邪魔します。
すみません、ややこしい事を書きました。 その意味ではなく、こういう日本的な生活を送っておられる利根さんと、エジプトがどう繋がるんだろうと、ちょっと可笑しかったのです。

と、先月ウルビーノで見たカラスは、例のエジプトで見た、利根さんはベルリンだったかで見られたという、黒と首回りがグレイのツートンカラーでした! 間違いないです、ゆっくり目の前で止まって歩いてくれましたから。 そうなのですねぇ、イタリアにもいるのでした。

 

チーン

 私だったら鐘を置きたい今日この頃です.
小生,てっきり自作かと思いましたが市販品なんですね.母に見せたら速攻で模倣品を作っちゃいそうです(笑) 今,お昼寝マクラは一番欲しいアイテムかも知れません.

>shinkaiさん
コメントの意味,取り違えてしまってすみません.
確かに不思議な取り合わせかも知れませんね.自分の中ではうまく収まりがついているんですけれど,それぞれの関連性についての説明はうまく出来ないような気がします.
しかし,ここ数年「可愛い和物」というのが増えてきました.色々と目移りします.

>南極先生
鐘を置いても安定良さそうです.
ぱっと見自作出来そうですが,中綿の具合の再現はなかなか難しいかも.


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tonikakuya.blog54.fc2.com/tb.php/332-b713049d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

早くも歳末の光 «  | BLOG TOP |  » 雨の日に 3

プロフィール

利根

Author:利根
使用カメラ:Canon IXY400, DiMAGE Xt,SO906i → RICOH CX1 → iPad2, Cyber-shot W610, RICOH GXR+P10


コメント,リンクはご自由にどうぞ(スパムは削除します)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。