FC2ブログ

2019-08

建物に刻まれたもの1

alex 2011nov stmarc-1

聖マルコのライオン
Alexandria/Egypt(2011.11)


装飾など細やかな建物なので,修復されると良いのになあと思う.

alex 2011nov stmarc-2
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

こんばんは! やぁ、なんとアレキサンドリアにも聖マルコ像がある?! それはまぁ、こちらで亡くなった遺骸を盗んで来たというので、分かる様な気もしますが、でもこの有翼のライオン像というのはキリスト教徒のシンボルではないのですか? 
それに現在のキリスト教徒の数というのは多いのでしょうか? イスラム圏と思っていた国の首都のこんなかなり古そうな建物に像があるのもとても不思議な感じですが、いくつかご覧になられましたか?
ヴェネツィアの特産品、ははは、と思っていたのをお見かけして、懐かしい感じと共にいささか驚いて、質問ばかりになってしまいました! 宜しかったら、お教え下さい。 
やぁ、これは楽しい! 何かチャンスの時にはリンクさせて下さいね。

shinkaiさん
有翼のライオンをヴェネツィアの外で見ると,なんだかびっくりしませんか?
エジプトのキリスト教徒は人口の約1割と言われることが多いのですが,それよりもずっと多いとも,逆にそれよりも少ないとも言われています.大多数はコプト教会(正教会)に属する人たちですが,カトリックやプロテスタント,ギリシャ正教やアルメニア正教もあります.
このライオンの周辺にもいくつか教会がありましたよ.
ただ,この有翼のライオンって,コプトでも使われる図案なのか,カトリック系だけなのかなどが,よくわかりません.こちらのキリスト教については正直知らないことばかりなので.カトリック関連の建物の可能性もあり得るし,コプトかもしれません.
機会がありましたら,どうぞリンクして下さいね.そのときまでにもう少し何かわかってると良いなあと思います.

こんにちは! ああ、そうでした、コプト教会というのがありましたね。 暫く前に紙の綴じ方を習ったのですが、その時にローマ期やエジプトでつかわれていたコプト式というのがあって、糸の太さや穴の大きさが違うだけで、今もずっと使われている方法の様ですが、なんと歴史があるのだなぁ、と思った事でした。

所で昨日からこちらのTVニュースで、カイロのストというか、暴動というか、警察軍隊との衝突が報道されていて、またあの考古学博物館前の広場横で繰り広げられているのを見たり、死者も何人かで、今日のお昼には、アレキサンドリアにも飛び火しているとの事。
お住まいの方の方がしっかり把握されておられるとは思いますが、くれぐれもお大事に!

shinkaiさん
そういえば,以前製本の講習に行かれたというお話をされていましたね.コプト式という綴じがあると言うのは興味深いです.ローマ・ビザンツ期のエジプトの織物もコプト織と言われます.

エジプトでは,土曜日のデモ隊と治安部隊の衝突以降,カイロだけでなく,アレキサンドリアやスエズ、ポートサイード,あるいは上エジプトの数都市にも騒乱は連動して起こっています.ただカイロで見る限りでは,衝突がおこっているのは限定された場所のみです.その外では普通に生活がおこなわれています.
気にかけていただきどうもありがとうございます.こちらは大丈夫です.


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tonikakuya.blog54.fc2.com/tb.php/431-bf0ec1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

建物に刻まれたもの2 «  | BLOG TOP |  » 古い寝室の窓

プロフィール

利根

Author:利根
使用カメラ:Canon IXY400, DiMAGE Xt,SO906i → RICOH CX1 → iPad2, Cyber-shot W610, RICOH GXR+P10


コメント,リンクはご自由にどうぞ(スパムは削除します)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する