FC2ブログ

2019-12

Graffiti, or ...? -6

cairo 2012may g-tahrir-2

梯子をどうぞ
Cairo/Egypt(2012.5)


こんなのも
cairo 2012may g-tahrir-3


これや周囲の一連の壁画に関しては,下記の記事などに詳細が描かれています.
- Tomb of Tahrir: Luxor Artists Invoke Pharaonic Heritage in Downtown Cairo’s Contemporary Graffiti, by Kate Durham (Egypt Today)
http://egypttoday.com/news/display/article/artId:675/Tomb-of-Tahrir/secId:11/catId:30
- Visualizing Revoltuion: The Politics of paint in Tahrir, by Ebony Coletu (Jadaliyya)
http://www.jadaliyya.com/pages/index/5136/visualizing-revolution_the-politics-of-paint-in-ta
- AUC and the Port Said Mural – A Personal Plea (suzeeinthecity)
http://suzeeinthecity.wordpress.com/2012/02/19/auc-and-the-port-said-mural-a-personal-plea/
これらを見ると2月には描かれていたみたいですね.しかし,見ていると5月末にはもう無くなってしまった絵などもあります.
最後の記事を掲載しているsuzeeinthecityは、革命後早くからグラフィティを集めてるブログです.
(2012.6.2追記)
スポンサーサイト



● COMMENT FORM ●

エジプトならではのグラフティですね。
まさに壁画ってカンジでいい!
ピラミッドを建てたエジプト人を現代の
エジプト人がどんな風に見ているのか?って
全然、知らないから、興味があります。
たぶん、外国の人が、ちょんまげ時代の
日本人が現代の日本人と結びつかないのと
同じように、古代エジプト人と現代のエジプト
人ってかけ離れているから、不思議な感じが
するのでしょうね。

>えびさん
実際にある壁画(ラモーゼの墓の泣き女とか)のモチーフを使いながら描いていてうまいなあと思いました.案外今までこういった古代エジプトモチーフのものはあらわれてきてなかったと思います.グラフィティと言うより,壁画ですね.
この部分はAlaa Awadというアーティストによるもののようです.
彼がこういったモチーフを描くことをあえて選んだように,現代のエジプト人にとって古代エジプトというのは偉大な祖先たちであり,自分たちのルーツの一つとして考えているような気がします.歴史としてもそう教えてるんではないかな.
上のエントリに,追記で上の壁画の情報を少し加えておきます.

ルクソールのラムセウム・テンプルからのオリジナルの場面を引用しての壁画だそうですねぇ~・・・
しかし古代エジプトの壁画をモチーフにこれだけの事を表現できる作者も凄いと思います・・・

>我楽多さん
一枚目の梯子に上っているのが,ラムセウムからのだと思います(記事の一つにそう書いてあったような).2月はじめに起こったポート・サイードのサッカー場での暴動で亡くなった人たちを記念するための壁画の一部ですが,そこに古代エジプトの墓の壁画をモチーフにして描くというのが,まず非常に面白いところだと思います.
他の作品が見てみたいなと思うアーティストです.


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tonikakuya.blog54.fc2.com/tb.php/482-d3f8516c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Graffiti, or ...? -7 «  | BLOG TOP |  » 5/23-24

プロフィール

利根

Author:利根
使用カメラ:Canon IXY400, DiMAGE Xt,SO906i → RICOH CX1 → iPad2, Cyber-shot W610, RICOH GXR+P10


コメント,リンクはご自由にどうぞ(スパムは削除します)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する