FC2ブログ

2019-08

石の壁

complex of Barquq-3

石の壁に囲まれた廊下に,あわい光がさしこむ.

Egypt(2006.12)
スポンサーサイト



● COMMENT FORM ●

こういう石の回廊は涼しい風が吹いていそうで気持ちが良いでしょうねぇ~・・・
エルサレムなどはこういう回廊が迷路に成って居るそうですが、エジプトではどうなんでしょうねぇ~・・・

>我楽多さん
そうそう,こういうところは結構涼しいんです.
これは建物の中なんですが,こういった狭くて両脇の壁が高い道は旧市街といわれる昔ながらの地区にはあると思います.エルサレムもそうだと思いますし,カイロもislamic Cairoやold Cairoといわれるところでは,細い道がくねくねと走り,よく袋小路につきあたったりします.そういう風に迷路状にして,部外者が立ち入りにくいようにしていたみたいです.

吹き抜けから差し込んでくる光が柔らかいですね♪

上から吊り下げてある物体は照明器具でしょうか?
これに夜灯りがともったら。また面白そう。
床の柄も、独特な感じで素敵~~!

どうも壁の質感といい、やっぱり映画を思い出し。
そして床の丸いのを踏んだら
何かが飛び出てくる!もしくは、ズボっとドコカへ落ちそうな。

そんな錯覚(笑)

>ゆうこさん
上から吊り下げてあるのは,モスクランプです.大きな薄い硝子の花瓶が上からぶら下がっている感じですが,実際にランプとして使っていたのかどうかは分からないようです.現在は電球を入れて使ったりしているところもあります.
壁や床ですが,たしかに,なにか出てきたり落ちたりしそうな感じです.暗くてもっと古っぽいところだと,ちょっと怖いですよ.


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tonikakuya.blog54.fc2.com/tb.php/49-3be2a35f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

egyptian cat 4 «  | BLOG TOP |  » 開いているけど閉まっている

プロフィール

利根

Author:利根
使用カメラ:Canon IXY400, DiMAGE Xt,SO906i → RICOH CX1 → iPad2, Cyber-shot W610, RICOH GXR+P10


コメント,リンクはご自由にどうぞ(スパムは削除します)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する